MENU
2020.07.27
プレスリリース

#日本から国境をなくす プロジェクト ベトナム語・ポルトガル語の追加 | 計6ヶ国語の対応 在留外国籍の方が使用する言語全体の78%以上をカバー

オンラインによるビザ申請・管理支援サービス「one visa(ワンビザ)」を提供する株式会社one visa(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:岡村 アルベルト)とWebサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」を提供するWovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:林 鷹治)は、新型コロナウイルス感染症による補償として政府より発表されている情報をまとめて、多言語(英語・中国語・韓国語・易しい日本語)に翻訳し、発信する「#日本から国境をなくす」プロジェクトを今年5月に立ち上げました。
そして本日より、海外送金サービス「キョウダイ レミッタンス」を提供する株式会社ウニードス(本社:東京都新宿区、代表取締役:木本 結一郎)が翻訳を手がけたベトナム語・ポルトガル語の情報が追加され、計6ヶ国語による情報発信と新たな記事の追加、加筆が完了しました。

08

▲「#日本から国境をなくす」サイト記事例

本プロジェクトは、緊急度の高い生活インフラに根付いた内容から「英語・中国語・韓国語・やさしい日本語・ポルトガル語・ベトナム語」で情報を発信しています。5月よりジャパンショッピングツーリズム協会のJALやセブン&アイホールディングスをはじめとした外国籍人材を雇用する会員企業150社、高度外国人材紹介・派遣サービス大手の㈱グローバルパワーに登録する4.3万人の外国籍人材、one visaを利用する750社に向けて情報が展開されています。

特設サイトURL:https://onevisa.co.jp/covid19-support

◇更新(1):ベトナム語・ポルトガル語への対応 | 使用言語全体の78%以上をカバー

国籍別在留外国人.002▲2019年末統計 | 在留外国人 国籍別内訳※

2019年末における在留外国人数は約293万人となり、前年末に比べ約20万人増加し、過去最高となりました。また上位10か国・地域のうち増加が最も顕著な国籍・地域としては、ベトナムが41万1,968人(対前年末比8万1,133人増)があげられます。そこで本プロジェクトにおいてもベトナム語への対応が急務と捉え、また在留ブラジル人の方々よりポルトガル語対応への要望が多く届いていたため、今回のリリースで翻訳が追加されました。

さらに、上記のグラフに含まれる「その他」のうち、台湾は2.2%、アメリカが2.0%を占めることから、本プロジェクトの対応言語は「上位5カ国+複数国」の主要言語をカバーしたことになり、実に在留外国人の使用言語全体の約78%以上をカバーすることができました。

◇更新(2):新規記事の追加、既存記事への情報追加 | 具体的な補助金申請方法、多言語対応の病院リストまでカバー

第一弾の公開から大きな反響を得て、今回から新たに学生向けの給付金情報を追加。また、どこの病院が外国語に対応しているのか教えてほしい、10万円給付の申請方法(用紙の書き方)を教えて欲しい、などの声を受け、基本的な情報提供からもう一歩踏み込んだ、外国籍の方が「自分で動き出すための情報」を追加しました。

◇「#日本から国境をなくす」プロジェクト概要

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府からは金銭面でのサポートを含む100以上の支援策が発表されました。その多くは支援対象を広く設けている一方で、難解な日本語による発信が大半を占めており、外国籍の方々が情報を受け取れずに困っているという声を多々、耳にします。

日本に住む在留外国人は約283万人(19年時点)。人口の10人に1人以上が外国籍という市区町村は全国で10カ所以上あります。これだけ多くの人が課題に直面していることを受け「one visa」と「Wovn Technologies」は、支援に関する情報を多言語でわかりやすくまとめ、一元発信する「#日本から国境をなくす」プロジェクトを発足しました。

今後も最新情報・他の言語への対応も視野に入れアップデートしていく予定です。

出典:※出入国在留管理庁http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00003.html

会社概要

社名 株式会社 one visa
設立 2015 年 9 月 11 日
代表者 代表取締役 CEO 岡村 アルベルト
事業内容 one visa の企画・開発・運営・販売
所在地 東京都台東区浅草橋4丁目10−8 TFAビル7F
URL https://www.onevisa.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社one visa 広報担当 武井

前のページへ戻る